工事現場でキャリアップ|進路を決めておくと夢が叶いやすくなる|ネイリスト求人に受かるコツ
男性

進路を決めておくと夢が叶いやすくなる|ネイリスト求人に受かるコツ

工事現場でキャリアップ

作業員

着目するポイント

施工管理の仕事は、工事現場で工事全体を管理することです。事故がなく予定どおりに工事を終えることができるよう、工事の安全、品質、予算、工程などの管理や調整をしていきます。現場だけではなく、事務所で各申請書類や報告書などを作成したりという事務仕事もあり、幅広い知識な能力が求められる仕事です。求人は、施工管理技士の資格や実務経験を必要としているものもありますが、未経験でも可能としている求人も多くあります。未経験から施工管理の仕事を目指す場合は、現場で経験を積みながら仕事を覚えることになるので、研修制度が充実しているところがいいでしょう。また、経験を積んだ後に資格を取得して管理職になるなどキャリアアップや収入アップを目指したい場合は、資格を取得するための費用を負担してくれたり、資格手当てが充実している会社もあります。求人を見る時は、自分のスキルが生かせる仕事かどうかに着目するといいでしょう。

仕事の上で大切なこと

施工管理の仕事をしていく上で、仕事の知識や経験以外にも大切なことがいくつかあります。まず大切なのがコミュニケーション能力です。現場では、職人だけではなく、施工主や関連業者の社員など、多くの人達と関わりチームを組んで仕事を遂行していきます。施工管理者は、これらの人達と上手にコミュニケーションを取りながら、指示を出したりトラブルに対応できることが求められています。次に、責任感があることです。施工管理の仕事は、工事を計画どおりに安全に進めて、期日までに仕事を完了させなくてはいけません。1つ1つのことに責任を持って確実に進めていく能力も必要となります。求人でも、求める人材としてコミュニケーション能力や責任感、真面目であることを書かれているケースが多いので、上手にアピールすることもポイントです。